ヴィオリスト岡さおり’s blog

ヴィオリスト岡さおりのブログです。演奏会情報など♪

NHK交響楽団定期公演

NHK交響楽団にお邪魔させて頂きました🙏

f:id:altoka:20230519171538j:image

サン・サーンス:ピアノ協奏曲第5番「エジプト風」

 

フランク:交響曲

 

指揮:ファビオ・ルイージ

ピアノ:パスカル・ロジェ

 

 

パスカル・ロジェのサン・サーンス、とても色彩豊か‼️✨

まるでピアノから色々な色が客席に向かって伸びて行ってるように感じました🥹

あんな風に色が見えたように感じたのは初めてでした✨

あとは音の空間の使い方が素晴らしかったです🥰

テンポが色々なのはザ・フランス人🇫🇷😅

アンコールのサティもさすが‼️という感じでオシャレでした〜❣️

 

フランクの交響曲は同じフランスものでも、サン・サーンスとは全く違っていて、その差が面白かったです😅

オルガニストだったフランク。

作曲する時にオルガンの響きで考えて書いたんだろうなぁと感じる重厚感あふれる曲でした✨

でも重過ぎる訳でもなく😊

きっと人間的に落ち着いた人だったのかなと想像しちゃいました😆

 

さて、次のお仕事はベルリオーズ‼️

フランス🇫🇷の曲が続きます❣️

 

 

 

カルテットフィオーリ

少し前になりますが、5月14日にカルテットフィオーリ、無事に終演いたしました‼️

f:id:altoka:20230516085131j:image

f:id:altoka:20230519163834j:image

「イタリアからフランスへの旅」というのがテーマです🎶

同じ作曲家が書いた曲の中でも、誰もが知っている有名曲と、あまり知られていない曲を両方取り上げてみました😊

プッチーニの「私のお父さん」と「菊」

ドビュッシーの「月の光」と「弦楽四重奏曲

なかなか同じ演奏会内で両方取り上げる事は少ないと思います😅

 

今回は意外と前半のプログラムに苦戦しました。

勿論、プッチーニの菊やドビュッシー弦楽四重奏曲は難しいのですが、難しさの種類が違うんですよね〜

前半のプログラムや月の光は、原曲はオーケストラの曲だったりピアノ曲なので、それをアレンジされた楽譜を弾いたのですが、元々弦楽器用に書かれた訳ではないので音形が何とも弾きにくい・・・😅

その差に私たちもビックリでした😂

 

ドビュッシーは本当に美しい・・・✨🥹✨

と、同時に怖さもあり、教会のコラールみたいな部分もあり✨

きっとドビュッシーはこういう音色を思い浮かべて作曲したんだろうと思いながら演奏しましたが、そのドビュッシーの感性の豊かなこと✨

また、いつか弾きたいなぁ!🥰

雨の中、ご来場いただいた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

 

カルテット・フィオーリ

 

いよいよ、今月❣️

5月14日は久しぶりのカルテット・フィオーリです♪


カルテットでウィリアムテルをやるのは初めて😂


また、同じ作曲家の曲の中でも「誰もが耳にした事のある有名曲」vs「あまり知られていない曲」も演奏しますので、お楽しみ下さいませ‼️🎶


母の日のプレゼントにも是非🎁
f:id:altoka:20230503175342j:image
f:id:altoka:20230503175339j:image

ご来場、お待ちしております♪

NHK交響楽団定期公演

久しぶりにNHK交響楽団にお邪魔してきました🙏

f:id:altoka:20230417204413j:image

 

https://www.nhkso.or.jp/concert/202304A.html?pdate=20230415

 

ヤルヴィ✖️リヒャルト祭のプログラムです❣️

 

リヒャルト・シュトラウス

ヨセフの伝説から交響的断章

アルプス交響曲

 

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

 

まず、ヨセフの伝説、本当に大変でした😭

ヴァイオリン並みの高音域で難しい上にテンポも速いーーーー😇

それでいて、めちゃくちゃ美しい‼️✨🥹✨

各楽器に色々ソロがあったりして、なかなかおもしろい曲でした😊

 

そしてアルプス交響曲・・・

とーーーっても大好きな曲です‼️

単一楽章で書かれていて、彼が登山した時の経験から生まれた曲です。

各部分には題名がついていますが、切れ目なく演奏されます。

「夜」「日の出」「登り道」「 森への立ち入り」「小川に沿っての歩み」「滝」「幻影」「花咲く草原」「山の牧場」「林で道に迷う」「氷河」「危険な瞬間」「頂上にて」「見えるもの」「霧がたちのぼる」「しだいに日がかげる」「哀歌」「嵐の前の静けさ」「雷雨と嵐、下山」「日没」「終末」「夜」

まさに、オーケストラと一緒にアルプス登山する感じですね🌄

オーケストラの編成もかなり大きい上に、舞台裏にバンダ(舞台裏で演奏する人)も10数名います!

特にホルンが多くて、こんなにホルンの人が集まる曲もなかなかないのではないでしょうか😆

ホルン、トロンボーンやチューバなど、中低音域がとっても充実しているので、重厚感が半端ない✨✨

その他にも珍しい楽器が使われていたするので、音はもちろん、視覚的にも楽しめたのではないでしょうか❣️

本当に、とても壮大で美しい曲でした✨🥹✨

また、弾きたいな〜🥰

マキナ・アンド・カンパニー@六行会ホール

マキナ・アンド・カンパニー@六行会ホール、無事に終演いたしました❣️

 

約2年ぶりの公演という事もあって、盛りだくさんなコンサートになりました🤗

詳しいことは加藤牧菜さんのFacebookをチェックしてみて下さいませ😊

リンクはこちら↓

 

https://www.facebook.com/676873854/posts/pfbid0rDfeBkRvCYPXfFyBr2ukGoEFcYXZmVbcJS8171EJCJph3x75pBEArK89MPZUdo6kl/?app=fbl

https://www.facebook.com/676873854/posts/pfbid0VRzFTXo8qfXvDevh9eYWAWRqwFgnzrV9G6tfiftJxy3Uex1w2xejZaEhky5iH2Ail/?app=fbl

 

動物の帽子を被ったり、楽器に付けたピンマイクに向かって歌ったのは初めてです😂

f:id:altoka:20230412210259j:imagef:id:altoka:20230412210303j:image

ご来場、ありがとうございました✨

マキナ・アンド・カンパニー

久しぶりのマキナ・アンド・カンパニーの公演です❣️

f:id:altoka:20230326181407j:image
f:id:altoka:20230326181404j:image

聴いた瞬間50歳以上若返る、そんな気持ちにさせてくれる魔法の音楽をお届けします!


マキナ・アンド・カンパニーはクラシックの弦楽奏者を中心とした楽団です。往年の映画音楽やダンス音楽を演奏致します。演奏中にお席をお立ちいただいてもOK!
「足腰がつらくて、ずっと座っているのが心配」という方もリラックスして音楽をお楽しみください😊 

チケットはこちらまで↓

https://eplus.jp/sf/detail/3802730001

ご来場、心よりお待ちしております♪

 


懐かしの映画音楽コンサート
2023年4月11日(火)14:00開演

六行会ホール(京急新馬場駅すぐ)
※品川から京急線・普通で3分

 

曲目:シェーン、慕情、エデンの東鉄道員ムーラン・ルージュ、ジェルソミーナ(道)、黒いオルフェ、魅惑の宵 ほか

 

マキナ・アンド・カンパニー
谷口亜実(ヴァイオリン)  

荒井友美(ヴァイオリン)
池澤卓朗(ヴァイオリン)  

小泉百合香(ヴァイオリン)
岡さおり(ヴィオラ)    

海老澤洋三(チェロ)
越野振人(ベース)     

西田紀子(フルート)
MINTA(パーカッション) 

加藤牧菜(ピアノ・企画)

ゲスト:駒井ゆり子(ソプラノ)

 

チケット:3,000円 全席指定

お申込み:オフィスマキナ
TEL&FAX: 03-3491-9061
info@office-makina.com

山形交響楽団@鶴岡

山形交響楽団にお邪魔させて頂きました😊

f:id:altoka:20230318085140j:image

山形交響楽団庄内定期演奏会 

第31回 鶴岡公演

 

ピアノ界に咲く大輪の花 小山実稚恵ラフマニノフ
阪哲朗が描く旋律美 チャイコフスキー交響曲第5番

 

2023年3月17日(金) 19:00開演

指揮:阪 哲朗 

ピアノ:小山 実稚恵

 

クラシックを知らない人もどこかで聴いた事があるであろうラフマニノフチャイコフスキー、クラシックの王道プログラムですね✨

 

小山さんのラフマニノフ、素晴らしかったです!

女性らしく細やかな音色、コントラストの効いたフレーズ感やテンポ✨

そして、何よりとても楽しそうに演奏していらっしゃいました😊

とっても笑顔がチャーミングな方でした🥰

 

ラフマニノフ本人が演奏している音源を聴いた事ありますが、あんな素敵なフレーズを作曲するくらいだから、勿論もともとロマンチストなのでしょうけれど、演奏にもそれが濃く感じられました☺️

男性らしい部分もありつつ、繊細さが垣間見えて、ラフマニノフが身近に思えた記憶があります😊

叶わぬ夢ですが、モーツァルトや色々な作曲家の演奏も聴いてみたいなぁ〜‼️

 

チャイコフスキー交響曲第5番は高校生の時に演奏した曲だったので、演奏しながら当時を思い出しちゃいました😆

ヴァイオリン科の時だったので、オーケストラの練習の時に1人ずつ弾かされた事や、ヴィオラパートを弾いた時は、臨時記号が多くて譜読みが大変だったり・・・😅

当時は楽譜通りに弾くのが精一杯で、どこの楽器が何をやっているかなんて全く考えずに弾いてました😂

さぞかし、ぐちゃぐちゃだっただろうなぁ😂😂

 

チャイコフスキー本人はこの交響曲をあまり気に入ってなかったようです。

私も、ところどころ、ここはどうしてこう書いたんだろうと疑問のある部分はありますが、聴いてる人の心を掴む盛り上がり方やメロディは流石だなぁと思います‼️✨

そして、4楽章の最後のMaestosoの部分はやっぱりドラえもんだなと認識しました🤣🤣

 

そして、実はこの鶴岡は私の母の故郷でもあります。

幼少期など、夏休みによく鶴岡に遊びに来て親戚の家に滞在していました。

庄銀タクト鶴岡の徒歩圏内にお墓や、親戚の家の跡地があり、とても懐かしく散歩をしました。

数年ぶりに鶴岡に行きましたが、古い街並みがリニューアルして新しく変わっている所もあって少しビックリ!

今回の庄銀タクト鶴岡もすごくデザイン性のある建物です✨

f:id:altoka:20230318105759j:image

客席のシートも鶴の模様で素敵なホールでした☺️

また行けたらいいな😆✨